arrow_upward
menu
学校保健

学校保健

学校保健における講師派遣制度

日本皮膚科学会東京支部が新たな事業として、「学校保健 講師派遣制度」を平成27年4月1日から実施することになりました。日本皮膚科学会(日皮)、日本臨床皮膚科医会、日本小児皮膚科学会(日小皮)の連携・協力のもと、より適切な園児・学童・生徒・学生および保護者・教職員への保健指導・教育を行うことを目的とし、日皮東京支部が中心となって講師派遣の支援活動を行うものです。

学校などから講師派遣の申請・依頼を受けた際に、講師(皮膚科医)の選定・派遣、および講師に対する謝礼・交通費の支払いを行い、その事務作業は日皮東京支部事務局が行います。日皮東京支部からのこの事業に対する協力依頼があり、当会としても全面的に協力することにいたしました。

従前より当会の学校保健活動の一環として日小皮、その他から講師派遣の依頼があれば行っておりましたが、今後は日皮東京支部の事業として一本化されて行われることとなります。講師派遣までの概要は下記をご参照ください。

会員の皆様には当会としてこのような活動も行っていることをご承知おきいただき、さらにお時間が許せば講師としてご協力頂ければ幸甚です。

平成27年6月3日 東京都皮膚科医会会長 大路昌孝

講師派遣までの概要
  1. 日皮東京支部ホームページ(http://dermatky.umin.jp/)にて講師派遣を申し込んでください。
  2. お申し込みを受けて、ご希望の内容、日時で講演することができる派遣講師を東京支部内で選定します。
  3. 講演のテーマは、以下の内容からお選びください。ご希望のテーマがない場合にはご相談ください。
    アトピー性皮膚炎/性感染症/おしゃれによる皮膚トラブル/きず、やけど/救急処置/紫外線と皮膚/にきび/学校感染症
※ 詳しくは日皮東京支部のホームページ(http://dermatky.umin.jp/)をご覧ください。